丸庄建設3代目のブログ

BLOG
丸庄建設3代目のブログ

耐震等級3は耐震等級3相当より安い

耐震等級3にすると、そうでない家に比べてコストが上がると思われている方は非常に多いと思います。

実際のところは計算書の作成や図面の作成手間、第三者機関への申請費などがあるので、確かに15~25万程頂く事にはなりますが、それだけの費用で済みます。工事費がアップすることはよほどの事でない限りはありえません。
(丸庄建設の場合は)

耐震等級3‘‘相当”の家に制震ダンパーを付けて50万円プラス。
つけるだけで本当に大地震時に機能するかもわからないし、そもそも壁以外の部分が壊れる可能性もあります。

中には標準仕様で耐震等級3相当でもなくて、相当とするだけなのに工事費も数十万円アップというのもよく聞き来ます。

そして大地震が実際に来た時、その後に掛かる修繕費を比べればどちらが得かは容易に判断できます。費用だけではありません。生活や財産を失う可能性もあるのです。


耐震等級3‘‘相当”の選択は一種の‘‘賭け事”だと私は思っています。

耐震等級3相当だけど、制震ダンパーが効いて倒れなければラッキー。倒れなければまぁいいかな。倒れたら大損だ。

構造計算をせずに耐震ダンパ―を付けること自体、考え方が間違っています。
しかしなぜかそういった家の方が売れる。
ダンパーの商品としての価値があるからそれで惑わされてしまうのかな、とも思います。


丸庄建設が採用している許容応力度計算・wallstatは、耐震をあなたの目で見えるようにしたものです。これは言ってみれば震度7に耐える事のできる証明書のようなものです。

これから家を建てるなら、耐震性能‘‘も”目で見て確かめられるものの方が良いと思いませんか?