丸庄建設3代目のブログ

BLOG
丸庄建設3代目のブログ

すっきりした室内空間を実現するために

美濃の現場は2階の内装下地ができてきました。断熱と気密の全工程が終わったので、あとは石膏ボードや床の仕上げ材を張っていきます。

高気密高断熱の家はここまでが長いです。

後から下地を追加したり、気密処理をやり直す事はできないので、とにかく石膏ボードを張る前の段階で家の性能はほぼ決まります。

今回は気密性能を示すC値は0.2を切ると思います。測定が楽しみです。

断熱性UA値は0.40W/m2KとG2グレードを上回っています。7月の内覧会になる予定なので、6畳用エアコン1台で全館キンキンに冷やしてお待ちしております(笑)

もちろん耐震もバッチリです。それと省令準耐火も標準で火災保険が半額!!

丸庄建設の家はとにかくランニングコストが安くなるよう計画されています。


そして今日は丸庄建設のちょっとしたこだわりをご紹介♪

以前紹介した吹抜けの窓も何だかすっきりしていると思いませんか?

樹脂窓は枠がゴツイ!と思っている方も多いかもしれませんが、丸庄建設ではこんなにスリムな納め方で、樹脂窓のカッコ悪さを建築でカバーします。

はめ殺し窓に関しては枠が全くない、ガラスだけを壁に埋め込んだかのようなすっきりさ。(上の枠は電動ロールスクリーンで隠れます。)

写真右の窓は滑り出し窓で、網戸が本来なら横に引くタイプのロール網戸ですが、特注で上に巻くロールスクリーンのような網戸にすることで左右の枠ぎりぎりまでなくした納め方。窓台はオークの無垢材でサッシ枠がほぼ見えません!めちゃくちゃスッキリです!

大工さんがかなり手こずっていましたが、出来上がるとやっぱりやって正解だったと思います。

こういった小さな所を丁寧に納めていくと、とてもすっきりしたデザインになります。

何かわからなけど、すっきりみえるな~と内覧会の時によくお客様からお褒め頂きますが、こう言った小さな積み重ねですっきりした室内空間を実現しています!

次回内覧会は7月頃を予定しています。

徒歩で美濃のうだつの上がる街並みも観光できます♪是非遊びに来てくださいね~!

岐阜で次世代耐震等級3と高気密高断熱の注文住宅はぜひ丸庄建設にお任せください♪