丸庄建設3代目のブログ

BLOG
丸庄建設3代目のブログ

フェザータッチ!?

美濃市で建築中の家に、断熱材が入りました!

丸庄建設では袋に入っていないグラスウールを使用しています。グラスウールはとても繊細な断熱材で潰したり無理やり詰め込みすぎると断熱性能が低下してしまいます。

グラスウールの繊維の中に空気を閉じ込めるので、しっかりと断熱材の中に空気がないといけません!

とにかく下地や筋交の裏に無理やり詰め込んだりするのはもう論外で、木材の厚み分、グラスウールを剥いで薄くして、入れる場所の厚みに合わせてから入れていきます。

弊社ではグラスウールの専門の職人さんに依頼して詰めてもらっていますが、もう本当に優しい!詰めるときのタッチがとにかく優しい!断熱材が潰れないように、かつ早い!

見ていても惚れ惚れする仕上がりです。

この断熱職人の方に頼むメリットは施工品質のばらつきがほとんどない事、工期の短縮、コストパフォーマンスも非常に良い、ダブルチェック体制(弊社入れてトリプルチェック)など、お願いしない理由が見当たりません。

もちろん大工さんにお願いしてもいいのですが、工期は伸びるし、大工さんにお願いしても価格は変わらいか、もしかすると高くつきます。(大工さんにお願いする事がダメでな訳ではありません)

断熱と気密工事合わせて2日で終わるので、その間、大工さんには外部の下地をお願いするので現場も効率良く進みます。


この後に気密防湿フィルムを貼っていきます。

この緑のシートがグラスウールでの高気密高断熱住宅には欠かせません。今回のお家は今内覧会をしているお家よりさらに高気密になるのではないかと思います!

それと明日、内覧会のお家の気密測定があります。多分0.2〜0.3くらいの間かな〜と感じてます。

また明日ご報告します!

岐阜で次世代耐震等級3と高気密高断熱の注文住宅はぜひ丸庄建設にお任せください!