北側道路の敷地。東西に長く南には建物が隣接した厳しい敷地条件。どうやって光を取り入れ、耐震性を向上させるか?

2階リビングと勾配天井にハイサイドライトを組み合わせ、南の建物より高い位置から光を取り入れ、1階に個室や水廻りを設ける事で壁を多く配置でき、耐震性にも有利になる理想の間取り。

そして2階のLDKからも1階の寝室や廊下からも楽しめる植栽を設けた中庭。風を取り入れるため縦の木格子としたファサードは、通りからも一際目を引くデザイン。焼杉との対比で素材を引き立てます。

機能から考えられた、美しい和モダンな家。