6月22,23日に岐阜市東部で見学会開催予定の家の仕上げを確認してきました。

メインの壁天井は珪藻土となっており、アクセントにグレーの塗り壁を採用。

弊社の事務所のモルタル壁の雰囲気が好きとの事で、違う材料でしたがこの現場で再現を試みました。

一色ではやはり“のっぺり”としてしまうので、2色作って、さらに下地が透ける所も作ったりしながら、わざとムラをつくったのですが、これがなかなか難しい。私もコテやサンドペーパーを使いながら微調整して遠くから見たり角度を変えてみたり。

良い感じのムラ柄を表現する事ができたと思います。

ちなみに写真↑に写っているのは、左官屋さんではなく塗装屋さんです!塗装の仕上がりが素晴らしのはもちろんですが、コテも扱える器用な方。何よりこういった凝った仕事を楽しんでいただけるのは、私としてもうれしい限りです。

照明も付いて一気に出来上がった感がでますね。自然素材の家づくりは、ボテっとしたデザインが多い中、丸庄建設ではすっきりシャープに仕上げています。


技術があっても、面倒がったり、嫌々やっていては、モノづくりの楽しさが半減してしまいます。

別の現場で漆喰を塗らせていただいたお家では、左官屋さんも「最近はこういったやりがいのある仕事もなくなってしまった」とぼやいておりましたが、やりがいのある仕事を楽しんでやるというのが私が思う一流。それだけ技術と心の余裕がなければ楽しむことさえできないし、楽しいことは上達も早い。

好きこそものの上手なれ

私の好きな言葉です。


さて、職人自慢で満足して、告知を忘れる所でした。。

6月22日(土)、23日(日)は「アウターリビングで、四季を身近に感じる家」完成見学会を開催いたします。
当日は私が在中しますので、アウターリビング?四季を身近に感じる?どういうことや?と思った方は是非ご来場ください。家づくりの概念が変わるかもしれません。